So-net無料ブログ作成

センター試験のリスニング・テストは百害あって利益なしだ [語学に関して]

今年も大学入試センター試験での英語のリスニング・テストでICプレーヤーの不具合などの問題が生じた。リスニング・テストは今年で4回目だが、毎年トラブルが生じる。今年も181会場の計253人がトラブルによる「再テスト」の対象となったそうだ。

このリスニング・テストは、試験方法としてまったく無駄であると思う。私も英語のリスニング・テストを受けたことがあるが、私にとっては記憶力のテスト以上の意味はない。右に行ったか、左に行ったか、とか何時に出発したか、というのやらは英語が分かっていても覚えていない場合が多く、結構、解答するのに難儀する。そもそも、実際の会話では、何時に出発したかを忘れてしまったら、もしくは確認したい場合は、聞き返すし、聞き返した方が望ましい。それにも関わらず、リスニング・テストは聞き返せない。まあ、記憶力を試しているというのであればいいが、英語のリスニングを試したいというのであれば、あまりいい試験方法ではないと思う。

そもそも、リスニングなんか、外国で生活しなければ不必要だ。日本で住んでいるのであれば、アメリカ人やイギリス人は日本語をしゃべるべきであり、我々日本人が外国に行って日本語で通そうという傲慢不遜な気持ちを持たないのと同様に、彼らもそのような傲慢不遜な意識は払拭すべきであろう。確かに戦争で負けたという負い目はあるが、植民地化されなかった訳だし、そこまで卑屈になる必要はないと思う。

私が以前、マレーシアでコンサルタントの仕事をしていた時の話である。クライアントの某日本企業の部長が現地の人達と打ち合わせをするのに同行したことがある。マレーシア側は、ある事業に日本サイドが出資するのかどうかを詰め寄った。その部長は、英語が分からなかったようで、もごもごしていたが、思い切って「イエス」と言ってしまったのである。マレーシア側は大喜びで、部長もなんか、とてもいいことをしたみたいな気分になって、嬉しそうに笑っていた。私はとなりにいた課長補佐に「いいんですか」と言ったが、自分の会社でないので放っておいた。その後、当然、そんな部長の決裁でできない多額の出資を、その企業は断るわけであるが、マレーシア側の怒りと失望が大きかったことは想像に難くない。ここで何が言いたいかと言うと、日本を代表するような大企業の国際畑で仕事をしている人でも、リスニングはなかなか難しいということである。だから、この部長は通訳を介すべきだったのである。通訳を介せば、問題はなかったであろうし、仮に問題が生じても通訳の責任にすることもできる。でも、なんか英語ができるという気分になりたかったのであろう。しかし、その格好つけの代償は大きかった。私はそもそもそんなところで格好つける必要もないと思うのである。しっかりと仕事をすることの方が、ほにゃらか英語コミュニケーションができるより、ずっと格好いい。そういう意識を徹底させた方が会社のためにもなると思うのである。オシムが達者な英語を取材で使わずに母国語でしゃべり、通訳を介していたが、彼はそういう意味で本当に、この部長とは対照的に賢明であると思う。

英語を始めとして語学の習得には才能が必要だ。野球やギターと同じようなものだと思っている。だから、英語の才能があるものだけがその能力を伸ばせばいいのである。なぜ、野球やギターはやりたい奴や才能のあるものだけがやればいいのに、英語は才能がないものまでやらされるのであろうか。しかも、リーディングなどは自分のためになるかもしれないが、ライティングやさらにリスニング、スピーキングなどはほとんどの人にとっては本当に無用の長物である。というか、特別な才能の人を除けば、海外で生活しなければライティング、リスニング、スピーキングの能力は習得できない。さらにいえば、海外で生活してもなかなか習得できない。天才的な能力のある人間は別である。しかし、凡人が語学を習得するのは本当に大変だ。リスニング・テストなどやっても、ほとんど大学の講義には関係ない。私は留学生を対象とした英語で実施している講義を受け持っているが、履修する日本人のほとんどが理解できないので、彼らのために日本語で補足説明をしなくてはならない。そもそも、日本語で説明しても分からない場合が多いのに英語で説明しても無駄である。しかも、この講義を履修する学生は英語に興味があるのだ。それでいて、このレベルであるので、本当にリスニング・テストを入試で課すのは無駄だと思うのである。

いつまでこんな不毛なことをやっているのだろうか。センター試験の季節になると、いつも我が国の行く末が心配になってしまう。麻生首相のような漢字が読めないことの方が、リスニングができないことより、遙かに恥ずかしく、問題であることをもっと自覚すべきであろう。


nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2