So-net無料ブログ作成
検索選択
教育論 ブログトップ

スキーが私に教えてくれたこと [教育論]

 私の父親と母親は山形県蔵王のスキー場で出会いました。まあ、いわゆるスキー場ナンパのようなものだったと思います。そういうことなので、私は幼い時からスキーによく連れて行かされました。父親は日曜の昼頃に、今から苗場に行けばナイターを滑れるかもしれない、というようなスキー馬鹿でした。基本的には自分が滑れればよくて、家族はしょうがなく連れて行くというような位置づけでしたので、小さい頃、私はあまりスキーが好きではなかったです。当時は、靴は痛いし、寒いし、リフトは高くて怖いし、まあ修行のような感じで嫌でした。そういうことで、行く回数は多くても上手くならずに、中学時代ぐらいには父親に「教えてくれ」と懇願しましたが、彼は「ついてこい」としか言わず、結局、上手く滑れないまま大学生になりました。父親は私が滑れないような斜面を颯爽と滑っていき、私はただ雪の中を転げ落ちることを続けていたからです。
 大学に入って、初めてちょっとスキーを教わりました。そして、大きなパラレル・ターンで滑ることができるようになったのですが、その時、生まれて初めて「スキーは楽しい」と思ったのです。スキーは上手に滑れるようになると、急に世界が広がることをこの時、知りました。それから、ちょっと一生懸命、スキーが上手くなれるように努力するようにしました。そして、上手くなれば、それだけスキーはより上位の楽しさを私に提供してくれました。私は52歳ですが、今でも上手くなれるんじゃないか、まだ体験していない楽しさをスキーは提供してくれるのではないか、と思っています。これはスキーの凄い魅力だと思います。昨日もスキーに行き、インストラクターの方に新しい滑り方を教わりました。その滑り方は、丸太の上に乗っかっているように板を動かす、という説明の滑り方でしたが、これまでの私の滑り方の考えとは違い、そのようにすると、今までと全く違うスキーの滑りを体験することができました。これは、カービング・スキーによって初めてできるようになった滑り方らしいのですが、何しろ感動しました。
 スキーというのは、このように努力をすると、より視座が高くなるような楽しさを提供してくれます。逆に下手だとあまり楽しくない。上手くなればなるほど、世界観が広がる。努力が報われるスポーツだと思います。
 そして、実はこれはスキーだけに言えることではないと思います。英語などの外国語もまさにそうです。英語や外国語は出来るようになればなるほど、世界観が大きく広がります。楽器などもそうだと思います。そして、多くの勉強も実はそうだと思います。それは、自分の世界観を大きく変えて、その人の人生を大きく豊かなものにさせてくれるものです。そういうことを非常に分かりやすく私に伝えてくれたのがスキーで、だから私はスキーが今でも大好きなのです。

IMG_1280.jpg
(菅平高原スキー場)
タグ:スキー
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

教員の仕事は、コンピューターに代替されないのであろうか? [教育論]

 今日(2016年2月14日)の東京新聞の社説に、コンピューターが進展することで、日本の労働人口の49%の職種が10〜20年後にロボットやAIによって置き換わることが可能だという野村総合研究所の研究結果が紹介された。アンドリュー・マカフィーとエリック・ブリニョルフソンの『機械との競争』に書かれていたような内容であるが、この手の話で興味深いのは、どのような仕事が置き換わるのか、ということである。私も大学の教員の端くれなので、学生達がどのような仕事に就くかということが気になるので、こういう記事は興味深い。
 まず、この野村総研の研究結果では、対象とした601職種のうち、代替可能性が高いのは、一般事務員、医療事務員、行政事務員、経理事務員などのいわゆるホワイトカラーの仕事であるとしている。私はこのようなホワイトカラーにも専門的な能力や創造力が必要なのじゃないか、とは思うが、多くのこのような事務員達が創造性を発揮せずにロボットのように仕事をしているし、またこれらの人達の管理者がロボットのように仕事をすることを期待するので、そういう観点からは代替可能という指摘はそれほど間違っていないかもしれないと思う。
 また給食調理人、自動車組立工、測量士、タクシー運転手などもそうらしい。ふうむ、タクシー運転手などは随分とひどい人もいたりするから、むしろコンピューターでもいいかもしれないが、そうしたら、そもそもタクシーという乗り物の形や移動の仕方も変わるような気がする。
 そして、代替が難しいのは医師、教員、芸術家、ネイルアーティスト、バーテンダー、ツアーコンダクター、ソムリエらしい。本当かなあ。ツアーコンダクターなんて、もう十分、インターネット程度のAIで代替されている気がするけど。ソムリエは意外とそうかもしれない。しかし、これも個人の好みなどをしっかりと読み取ろうとするコミュニケーション能力が前提にあるので、いい加減なソムリエはいらないかもしれない。そして教員も怪しい。教員も個々の生徒の特性などを見抜いて、的確な指導や教育ができればAIの代替は難しいかもしれないが、一方的に自らの価値観やシステムを押しつけるだけであれば、いつでもコンピューターに代替可能である。


機械との競争

機械との競争




nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

コミュニケーションが得意という若者ほど、コミュニケーション下手という面白い現象 [教育論]

 ゼミの選考をしている。私のゼミは、まちづくりがテーマなので、多くの社会人の方と接する。イベントや商品企画などを商店街の人と一緒にやらせてもらったりもする。したがって、コミュニケーション能力は、とても重要であり、ゼミの選考では、コミュニケーション能力を有することを採用の条件としている。
 そういうこともあり、選考の面接で話をしていると、私はコミュニケーションが得意です、と主張する学生が数名いる。それはいいのだが、そういう学生ほどコミュニケーションが苦手な場合が多い。おそらく、私との面接で言うことを予め考えてきたのであろう。
 しかし、よくよく考えてみると、コミュニケーションが得意と言った時点で、コミュニケーションが得意でない、とも捉えられなくもない。コミュニケーションが得意かどうかは、ちょっと話をしていれば、敢えて言葉にしなくても伝わるからである。敢えて言わなくてはいけないのは、コミュニケーションが苦手であるということの裏返しであろう。
 むしろ、コミュニケーションが得意な人は、あまり冗舌でもなく、こちらの言うことをしっかりと理解して、ちゃんとキャッチボールが出来るような学生である。そして、美醜に関わらず、しっかりと前を見て話をすることができ、相手に好印象を与えることができる。
 ということに、ゼミ生を選考していて気づいた。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゆとり教育世代は、最もゆとりがない社会人人生を送る世代になるであろう [教育論]

 大学の教員をしている。今の大学生はゆとり世代である。長女が大学生である。長女もゆとり世代である。さて、ゆとり世代は、本来的に社会で生きていくための基礎的な学力などが相当、疎かである。大学の講義をするのも本当に難しい。というのは、ある程度、勉強をすると物事や人間の面白さ、奥深さが分かるのだが、それがないといかにも表層的で浅薄なものの見方しかできないからだ。人が歴史を勉強するのは、そういうものをみる透徹力を鍛えることが大きな理由の1つかと思われるが、そのような鍛錬が今の大学生(少なくとも私が奉職している大学)にはされていない。その結果、ものの本質が理解できないので卒論などが書けない。というか、そもそも書く気もしなくなる。口はちょっと達者であったりするが、実行力というか、何かを成し遂げる能力は極めて前の世代に比べると劣っている。
 私のゼミはこれまで人気ゼミであったが、いきなり人気がなくなった。これは、私がゼミの応募に際して厳しい課題を課していたので、それを敬遠したからだ。昨年、人気だったゼミの先生がやはり課題を出したら、50人くらいから9人にまで応募数が激減した。私も昨年に懲りたので、今年は課題を撤廃したら、いきなりまた増えた。とりあえず何が勉強したいというものもないので、易きに流れるのである。彼らが社会に出て行ったら、これまで日本を動かしていたシステムも回らなくなるのではないか、と本当、心配である。
 とはいえ、彼らは彼らで犠牲者でもある。ある学生が「僕が英語ができないのは英語教育のせいです」と言ったのには呆れ返ったが、彼らは彼らでそういう被害者意識をも持っている。まあ、私のようにほとんど独学の人間からすれば、英語ができないのを英語教育のせいにするのはちゃんちゃらおかしいが、そのような思考力しかないのも、ゆとり教育故かもしれない。
 私の場合は長女もゆとり教育なので大変なのだが、国立大学の理系なので、とりあえず勉強ばかりしているので、このゆとりをどうにか大学、そして大学院で補う「ゆとり」を与えられているが、私立文系の学生達は、これまでも「ゆとり」で大学も「ゆとり」なので、まったく社会に出るうえで貯金もつくれていないので大変な事態になるのではないか、と本当心配である。せめてネットワークでもしっかりとつくってから卒業してもらえればと思うが、ここらへんのヒューマン・ネットワークのつくりかたも上手くないような気がする。
 ゆとり世代は、どうも人間関係を損得だけで捉える傾向があるように思えてしょうがないのだが、これは私の思い過ごしであろうか。今年はゼミ生の結婚式に5回ほど出席した。10年から8年前に卒業した学生達だ。しかし、10年後に私は結婚式には出ないような気がする。そのような関係性を学生が築こうともしないからだ。
 いやはや、こういうことでは、社会に出たら、本当に「ゆとり」のない人生を送ることになるであろう。いや、それとも日本という国を機能させていたシステムも動かせずに、国ごと沈没するか。ゆとり教育の弊害は、とてつもなく大きなものがあるような気がしてしょうがない。
 まあ、なんでも「ゆとり教育」のせいにするのは間違っているかもしれないが、このジェネレーションに特徴があるのだけは確かであろう。そして、彼らがゆとりない社会人を送ることになるのは、本来、鍛えておかなくてはいけない胆力や知識を習得させなかった「ゆとり教育」に問題があると思われるのだ。

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

学生が人の言うことを聞かなくなったのは、人から聞かなくてもスマホで情報を得られるからだろう [教育論]

 学生を引率してブラジルに来ている。そこで強く感じたのは、学生が人の話を聞かないことである。私の言うことはもちろんだが、ブラジルの人が学生のために時間をわざわざ取ってくれても、話を聞いてない。聞いているふりをするぐらいしっかりとした学生は稀で、大抵、講師が話をしていてもふらふらと移動してしまったりする。しかし、じゃあ、関心がないのかというとそうでもなく、質問などはしたりする。つまり、コミュニケーションの主体があくまでも自分でないと、しっかりとコミュニケーションができないようになっているようなのだ。
 そして、私が気づいたのは、圧倒的にスマホ依存であるということだ。どこの空港についても、まずスマホにアクセスできるかをチェックする。レストランに入っても、スマホがアクセスできるかをチェック。WiFi Free とでも書いてあるようなものなら、ポルトガル語もしゃべれないのに一生懸命、コミュニケーションをしようと努力して、ウエイターにパスワードを直接、打ってもらったりする。そして、ゲストがいても、平気で皆、レストランの料理がくるまで、ずっとスマホを観ている。皆、というか正確には6人中5人である。
 そもそも、自分が知りたいことはほとんどスマホを検索すれば教えてくれる。スマホが教えてくれないことには、興味を持たないので、どうでもいいことになる。そして私が観察している学生は、それでもブラジルに行ってみようというぐらいの知的好奇心と積極性は有しているのだ。残りの学生はもっと深刻な問題を抱えているということだ。これは、相当、大変な事態になっているなと思う。大袈裟ではなく、大学存亡の危機だと思う。
 私はゼミで大学の地元のゆるキャラを作成し、それをいかに普及させ、知名度を向上させるかということを学生に主体的に考えさせて活動させている。これは、受動的に勉強しても学ぶことが少ないので、能動的に勉強させた方がいいからだと考えたからだ。このようなことを抽象的に説明すると、学生は比較的肯定的に捉えるのだが、実際にゆるキャラが存在したりすると、ほとんどが敬遠する。私のゼミは、去年までは人気ゼミで倍率も2倍以上は常に確保できていたが、今年は大幅な定員割れである。
 主体的に考えるということ自体、学生はもう嫌なようである。というか、学生の発表を聞かないで寝ている先生とかのゼミが楽でいい、と本気で考えている学生も少なくない。まあ、スマホで何でも知りたい情報が入るし、そもそも大学で教えようとしている情報でスマホになくて学生の関心を持つようなものもないので、学生からしたら楽であればあるほどいいのだ。まさか、スマホが大学のライバルになるとは思わなかった。まあ、でもほとんどの大学の先生よりスマホの方が使い勝手がいいし、親切だからな。
 また、そうはいっても、スマホにない情報を自ら知ろうと頑張ったり、もっと主体的に勉強したいという学生もいたりするだろう、と思う人がいるかもしれないが、現状では、そのような積極的な学生のほとんどは、私が奉職する明学より上の大学に行ってしまっているのだ。もちろん、まだそのような学生が一部、明学にいるかもしれないが、その割合は大きく減ってしまっている。
 これは大変なことになってしまった。そして、このような学生を受け入れる企業や組織も大変なことになるだろう。まあ、このような事態は、別に日本人の学生だけでなく、他国でもみられると思う。実際、最近、私の講義を受ける留学生もコミュニケーション下手が以前より増えていると思う。スマホというかインターネット依存症が増えている。なんか、地殻変動ともいうべき、大変な状況が進行しており、大学という存在もその意義が大きく問われているような気がする。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカの大学の授業料が高すぎる件について [教育論]

 私は奉職する大学で留学生用の講義を受け持っている。この講義では試験の代わりに、研究発表を履修学生には課している。政策の国際比較調査である。その発表の一つに日米の大学生活の違いというものがあった。フィラデルフィア出身のアメリカ人の学生による発表である。さて、この発表で驚いたのは、アメリカでは、大学の一年の平均授業料が$30,000であるということだ。これは、現在のレートでは330万円ぐらいに相当する。4年間では1320万円である。
 さらにアイビーリーグのエリート校であるペンシルベニア大学の場合、学部で$64200である(家から通うと$53000)。年間700万円弱ということか。これは恐ろしく高い。4年間だと2800万円。これだけ投資する価値が大学の4年間に果たしてあるのか。アメリカの場合、多くの学生は奨学金をもらって通うことになる。しかし、その結果、大学卒業時にいきなり1000万円以上、アイビーリーグのエリート校だと3000万円近くの借金を負うことになる。本当にこれだけの価値が大学にあるのだろうか。私はとても疑問に思うし、アメリカが提唱する新経済主義が、このような事態をもたらすのであれば、とても賛同することはできない。


nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

宝塚「ブスの25箇条」 [教育論]

 宝塚音楽学校の舞台裏には「ブスの25箇条」といわれる言葉が貼られているそうだ。なかなか秀逸なので、ここに共有したい。これは男女を問わず、重要なことかと思う。ところで、人間の生存戦略は社会性である。この25箇条に社会性のなさをブスの条件として挙げているのが多いことが興味深い。

1.  笑顔がない
2. お礼を言わない
3. おいしいと言わない
4. 精気がない
5. 自信がない
6. グチをこぼす
7. 希望や信念がない
8. いつも周囲が悪いと思っている
9. 自分がブスであることを知らない
10. 声が小さくいじけている
11. 何でもないことにキズつく
12. 他人にシットする
13. 目が輝いていない
14. いつも口がへの字の形をしている
15. 責任転嫁がうまい
16. 他人をうらむ
17. 悲観的に物事を考える
18. 問題意識を持っていない
19. 他人につくさない
20. 他人を信じない
21. 人生においても仕事においても意欲がない
22. 謙虚さがなくゴウマンである
23. 人のアドバイスや忠告を受け入れない
24. 自分が最も正しいと信じている
25. 存在自体が周囲を暗くする

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

総務省から出向した某国立大学の教員の評判が悪い [教育論]

某国立大学で、実践的なコミュニティデザインを展開している学科がある。その学科に総務省の国家公務員が客員教授として出向してきた。文科省にはCOC事業というものがある。これは、「地(知)の拠点整備事業」と呼ばれており、「大学等が自治体を中心に地域社会と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学等を支援することで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的」(文科省のホームページ)としている。この大学もCOC事業の予算を取ろうと考えた。

この国立大学も、このCOC事業の予算を取るために有利となると考えたのか、総務省が何かを企画していたのか、その細部はまったく知らないが、何しろこの国家公務員が客員教授として赴任してきたのである。そこには、おそらく大学の教員というのは能無しなので、国家公務員の方が、仕事が出来るだろうという認識が、霞ヶ関には100%あったであろう。それを広くこの大学だけでなく、世の中にも知らしめて、その後の文科省の大学改革の後押しをしようというような姑息な考えがあったのではないかと思われる。そして、大学の事務側にも、国家公務員のような事務能力の優れた人材がくれば、予算は取りやすいだろうという計算もあったかと思われる。

さて、それでは、この公務員教員がどのような成果を出したか。これが、学生によれば大変、出来が悪かったそうだ。というか、この学科はどうも教育をしっかりとしている先生が多いようなのだが、唯一、学生サイドから駄目出しを出されたのがこの教員であった。もちろん、学生はこの教員が霞ヶ関の役人で客員教授という位置づけであることは知っていない。純粋に大学教員としてなっていないという見方をされていた(私の取材に基づく)。どうして駄目なのか、と尋ねると、学生をコミュニティ・デザインなどの地域の会合に参加させるときに「先着順でどこかの高級ケーキをあげる」といったインセンティブを与えるそうなのだ。「そんなケーキごときでは、学生も忙しいのにやる気が起きないし、逆に馬鹿にされているような気がする」。至極もっともだ。まあ、霞ヶ関の公務員なんて、本当にこんなレベルなんだろうな、とは思う。まったく学生や人の動かし方が分かっていない。日頃、莫大な国家予算を動かしており、その予算に群がる業者や地方自治体がペコペコしているので、自分が偉いと思ってしまうのであろう。予算という飴がなくなると、ケーキか。いや、このケーキも国家予算で購入しているのかもしれないが、どちらにしろ、そういう金権主義的な体質を持っていることが改めて確認できた。こういう人達が大学改革をしようとしているのだから、大学がよくなる訳がない。学生もそうだが、人はそうそうお金ごときで動かない。 

大学は学生を教育する場であり、そして研究をする場である。この二つに長じているのは、国家公務員ではなく大学教員である。まあ、私の大学は酷い教員が多くて唖然とすることが多いが、それにしても、この二つのどちらかにおいては国家公務員よりは優れている。何せ、一応、それでお金をもらってきているからだ。プロだからな。国家公務員の非常な思い上がりをこの一件は、改めて知ることになった。こういう人達が、大学を改革しようとしているのであるから、学生にとってよい大学になる筈がない。残念なことが、最近、本当に多いが、これも大いに残念なことの一つである。

タグ:大学改革
nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

オルタナ教育に関心をもつ「ゆとり世代」の学生達 [教育論]

オルタナをテーマとして学生達に発表させている。発表のテーマは学生達に決めさせている。学生達はそれほど創造的ではないので、オルタナ教育、オルタナ・エネルギー、オルタナ医療、オルタナ・ツーリズムなど、発表するテーマはここらへんにほぼ収斂されている。とはいえ、興味深い。オルタナとは既存のシステムを塗り替えるポテンシャルであると捉えられる。そして、既存のシステムをスクラップして、新たな価値を創造することで人間はクリエイティブになることができた。例えば、オルタナ・ミュージックであると、エルビス・プレスリー、ビートルズ、レッド・ツェッペリン、キング・クリムゾン、ニルヴァーナなどは、世に出てきた時はオルタナであった。そして、その過激さ、従来にはないスタイルは、それ以前のメジャーのものをマイナーに追いやっていくことによって、自らがマイナーからメジャーへと置き換わっていった。
 若者には、そのようなクリエイティブな発想によって、世の中をよりよくしていた事例を研究することで、ちょっと創造的な思考を学んで欲しいと考えたりして課題を出している。
 さて、ここでちょっと指摘したいのは、多くの学生がオルタナ教育を選んでいるということだ。そんなに現状の教育システムに不満を抱えているのだろうか。ちょっと可哀想である。私はオルタナ教育というのが、それほど効果的であるとは思わないのである。もし、本当に効果的であるのなら、既存のシステムを置き換えると思うからである。
 ある意味で、「ゆとり教育」はオルタナ的な試みであったと思われる。文科省が指導したので、トップダウンであるために、あまりオルタナという印象を持たれないかもしれないが、既存の「詰め込み」教育に代替する教育として始められたオルタナ的アプローチとして捉えられるのではないだろうか。そのようなオルタナ的な教育を受けた学生達が、自分達が受けたのとは違うオルタナ教育に興味を持っていることが面白い。
 また、これはしっかりと検証していないのでいい加減なことは言いにくいのだが、ゆとり教育世代は、本当に好奇心がなくなっている。また、新たな価値を創造しようといった姿勢に乏しい。新たな価値を創造するようなことほど、生きている喜びを感じさせることはないと思うのだけど、そういうことでさえ面倒臭いと思うような学生が多い。消費は好きだけど、創造を含めて生産に興味がない。多くのことが面倒臭いので、まじめに考えることも少ない。まじめに考えるのは面倒臭いからなあ。
 そのような自分ではないように教育してくれたらといった願望があるからこそ、オルタナ教育に関心を持ったのだろうか。そうであったら、ちょっと悲しい。
 

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
教育論 ブログトップ