So-net無料ブログ作成

オーストラリアはあまりにも物価が高い [グローバルな問題]

オーストラリアは物価が高い。この5年間くらい、オーストラリアにはよく来ている。2005年にクイーンズランド州に行き、クリスタル・ウォーターを訪問し、マックス・リンデガーに取材した。その後、2006年の2月に第一回のクリスタル・ウォーターへのフィールドスタディを実施し、さらに2008年の夏に家族でフレーザー島へ行ったり、車でクイーンズランドからシドニーまで長距離をドライブしたりした。この旅行は、家計を破産させるほどの散在を私に強いた。そして、2009年の2月にもクリスタル・ウォーターをフィールドスタディで訪れている。クリスタル・ウォーターに行っていれば、市場経済の影響もそれほど受けずに、このオーストラリアの物価の糞高さの被害をあまり受けないが、前述したような家族旅行とかしたり、また今回のように学会で普通にホテルに泊まったりすると本当に金が羽をつけたかのように飛んでいってしまう。

ということで、前回の家族旅行も外食をほとんどしなくしたように、今回の旅行でも出費をできるだけ少なくしようとせこい努力をしている。まず、宿泊費は致し方ないが、それ以外の食費や交通費などは最低限に抑えようとしている。学会が開催された時は、学会のランチをなるべく食べて、夕食を極力、食べなくてもいいようにする。飛行場ではラウンジのヴァイキングでなるべく食べて、夕食を食べないようにする。学会のランチもなく、ラウンジもない時は何をしているかというと、スーパーで林檎やらカップヌードルやら缶詰やらチーズなどを購入して食べるようにしている。ということで、もう人生、初めて夕食を二回連続、カップヌードルというような食生活を送っている。しかし、このカップヌードルでさえ、2.50オーストラリア・ドルもするのだ。干し杏を購入しようとしたら12オーストラリア・ドルもするので諦めた。小さい林檎でさえ、1.2オーストラリア・ドルもするのだ。本当に物価は高いよなあ。あと交通費は一日券を買って、ひたすら乗りまくるようなことをしている。

IMG_9672.jpg
(わびしく不健康な夕食のカップヌードル。缶詰のコーンを入れて、コーン・ラーメン風にしているのがせめてもの抵抗か)

それでも、アデレードはパースよりは安い。シドニーはもっと高いらしいので、本当、日本人はオーストラリアに旅行は出来なくなるんじゃないだろうか。日本のスキー場にはオーストラリア人が大挙来ており(フクシマ後はどうなるかは不明だが)、2週間とか3週間とか滞在して、豪遊するものが多いが、この物価の差を考えれば納得だ。このオーストラリアの物価の高さは、いろいろと考えさせられる。彼らの生産性が高いということはなく、天然資源に恵まれているということが大きいだろう。また、イギリス系に顕著な、投機や金を借りることが好きなことも要因の一つであろう。オーストラリア・ドルは常に利率が高い。この利率の高さが、オーストラリア・ドルを実態以上に強くしていると思われるのだ。まあ、ここらへんは不勉強なのでいい加減なことを書くと怒られるのでもうやめるが、オーストラリアに来ると、本当、自分が貧乏なんだなということを痛感させられる。

とはいえ、アデレードの不動産価格はこの10年で3倍にも上昇したそうである。人口がほとんど増加していないような都市でもこの状況なので、本当、このオーストラリア・バブル、どのようにランディングするつもりなのだろうか。

私は大学の卒業旅行でオーストラリアに3週間ほど行った。当時は、物価も安くて本当にパラダイスのような国だと思ったが、今のオーストラリアは物価的には本当、厳しい。どのように経済が回っているのか、誰か調べてくれている人がいるのだろうか。来るたびに興味を持つが、帰国するとまた忘れてしまうのだよね。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0