So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

京都の公共交通サービスは帯に短したすきに長しだ [京都生活]

最終の新幹線で東京から京都に着く。金曜日の夜ということもあり、23時35分の地下鉄京都駅は人が溢れている。これなら、すぐ地下鉄が来るかと思い、時刻表をチェックしたら、なんと23時台は地下鉄の運行頻度は20分に1本だ。これだけ人が待っているのに、なんで運行頻度がこんなに冗長なのだ。もちろん、地下鉄のように一度に多くの人を運ぶモードだから、採算性を考えたら運行頻度を減らしたいという気持ちが分からなくもないが、いくら何でもこれではサービスが悪すぎるであろう。これなら、車輌数を半分にしてでも運行頻度をあげるべきだし、そもそも地下鉄を整備するには人口150万人というのは少なすぎるのかもしれない。とにかく、地下鉄では充実した公共交通サービスが提供できないようで、これは京都という素晴らしい都市の欠陥であるし、是正すべきだ。

次の日の朝、堀川通りの南に用事があったので、9番のバスに乗った。土曜日の7時30分という時間だったが、バスはぎゅうぎゅうで、私はバス停の最前列にいたが乗るのに躊躇するほどであった。これだけたくさんの人が乗っていると、目的地に着いてもなかなか降りることもできない。結果、時刻通りに運行できない。これは、バスというモードで交通需要を処理するには人口150万人という都市規模は大きすぎるということだ。

つまり、この都市にはバスと地下鉄の中間の公共交通が必要だということであり、それはライトレール、というか路面電車である。幸い、堀川通りとか路面電車を通すのに最適な道路がある。他にも五条通りとかも通せるであろう。モータリゼーションが進展し、成長が右肩上がりの時に貴重な京都の路面電車のネットワークをバスに置き換えたのは不幸であったが、現在のように自動車の先行きが行き詰まり、公共交通サービスも今一つの現状を大きく修正するには、抜本的な公共交通計画というか、交通計画全般の練り直しが京都には求められている。特に京都駅から北側において、その検討が必要である。

nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

地域を将来にまで維持するのに最も重要なのは第一次産業ではないだろうか? [サステイナブルな問題]

東大の縮小都市の講演を聴いたのだが、中国の先生が、中国の縮小都市の実態を報告したものが興味深かった。事例としてはハルピン周辺の北東地区を多く挙げていたのだが、その縮小する都市の特徴として、計画経済でトップダウンで、ある産業に特化した都市(モノタウンと講演者は説明していた)ほど、縮小が激しいということを指摘していた。特に林業拠点として位置づけたYichun地区の事例は、林業という主要産業が衰退したことで、人々が農業を始めるということが私の興味を惹いた。この地区では、この20年間ぐらいで第一次産業の従業者が増えているのだ。
2年ほど前にキューバに行ったことがあるが、その時、医者やエンジニアが食べていくことに困って農業を始めた人々に話を聞いたことがある。キューバも中国も基本的には計画経済であり、市場経済のように柔軟にマクロ環境の変化に対応することが難しい。少なくとも、キューバのような食料輸入みたいな点で問題が生じるような事態が生じると、食料の価格が高騰化して、結局、自分でつくった方がいいような事態になってしまうのだ。詳しい事情は分からないが、中国とかだと簡単に引越とかができないのではないのだろうか。そうであれば、生き抜くために人々は農業に戻る、というのは分からなくもない(キューバの人達は出国は不可能に近い)。
そして、これは日本の縮小地域の一つの処方箋にもなるのではないかと思うのである。日本の縮小都市の代表例は夕張市である。一時期、11万人を越えていた夕張市の人口も現在では9000人を切るぐらいにまで減っている。これは、主要産業であった石炭産業が消失したからだが、夕張メロンをつくっている農家の人達は全然、経済的にも豊かでしっかりとやっている。農業をしていれば、縮小も怖くないのではないだろうか。もちろん、TPPなどによって海外の安い農作物が入ってきたりするとダメージも大きいかもしれないが、少なくとも飢えて死ぬことはない。改めて農業のポテンシャルを考えさせてくれた講演内容であった。

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

クリーブランド・キャバリアーズがウォリアーズに4連敗した大きな理由は、レブロン・ジェームズが第一試合で手首を自ら痛めたからだ [スポーツ]

クリーブランド・キャバリアーズがゴールデンステート・ウォリアーズに本日(6月9日)NBAファイナルズの決勝戦で一勝もできず、4連敗して敗退した。ウォリアーズがファイナルズを連覇し、この4年間で3回優勝したことになる。ウォリアーズはカリー、デュランというスーパースターがお互い、補完し合い、第四戦目はNBAファイナルの試合では珍しく、第4クォーターで試合が決まり、スターターは試合終了直前には両チームともコートにはいなかった。これはNBAファイナルズでは相当、珍しい現象だ。

さて、結果だけをみればウォリアーズが圧勝という印象を持つかも知れないが、第一試合はむしろキャバリアーズが大金星を得るような試合展開であった。ただ、JRスミスが同点の試合終了直前にフリースローのオフェンシブ・リバンドを掴み、そこでシュートを決めれば試合は決まったにもかかわらず、なぜかドリブルをして自チームのバスケットから離れ、3ポイントラインを越えてしまい、怒鳴るレブロン・ジェームズに気づいて急いでチームメイトにパスをしたが、そこで試合終了の笛が鳴り、延長戦でウォリアーズに大差をつけられて敗退する。「スラムダンク」で桜木が試合終了直前にリバンドを掴み、赤木にパスをしたと思ったら、顔の似ている高砂にパスをして試合に敗れた神奈川決勝リーグの海南大付属戦を彷彿させるような凡プレイだが、JRスミスのミスは桜木のミスよりさらにあり得なく、それは漫画よりも非現実的であった。あまりに馬鹿げていて、その馬鹿さ加減を笑うこともできない。そして、この敵地でほぼ試合をものに出来たというチャンスを逸したキャバリアーズは、敵地での第2戦ではほぼ勝機がみられず、ホームでの第3戦はカリーの大不調もあり、ハーフタイムまではリードしていたのだが第3クォーターに逆転されるとそのままずるずると負けてしまった。そして、第4戦は試合放棄をしたような負け方をしたのだ。

この戦い方はちょっとレブロン・ジェームズらしくないなと思っていたら、なんと彼は第一試合後に壁か何かを殴り、手を骨折したようだ。彼らしくなく感情的になってしまったのかもしれない。この第一試合は確かに後味が悪く、試合終了のちょっと前にケビン・デュランとのオフェンシブ・ファールがレブロンのブロック・ファールに撤回されたり(実際はブロック・ファールではあったが、ビデオテープをチェックした理由は制限エリアにレブロンがいたかどうを問う違うものであった)、そもそもジョージ・ヒルがフリースローを二本とも決めれば勝ち越せた(ただし、ウォリアーズ・ボールだったのでそれで勝利した保証はない)。そのうえで、JRスミスの同点であるのに勝ち越していたと勘違いでの軽率なプレイである(その前によくあのリバウンドを取ったということもあるのだが)。さすがのレブロン・ジェームズでさえも感情をコントロールできなかったのであろう。JRスミスの軽率すぎるプレイを彼が挽回できる唯一の方法は、このシリーズでウォリアーズに勝つことだったのだろうが、そのチャンスも、彼のプレイを含めた様々なフラストレーションが、レブロンの手を結果的に骨折させてしまったことで潰えてしまった。骨折をしてしまったことは大変、残念だし、多少、愚かだったのではないかとも思えるが、レブロンの凄いところは、その後も敵であるウォリアーズに知られたら不利になると思い、それを隠して、プレイをし続けたことである。そして、第4戦を除けば、そのようなハンディを背負っていると微塵も思わせない(流石に第一戦の51得点というのはなかったが)プレイを続けたことである。

私はウォリアーズをもう20年以上も応援しているファンであるのと、もうずっと辛酸をなめさせられ続けたので敵に同情するような気持ちにはなかなかなれないが、今回のクリーブランド・キャバリアーズに対しての勝利は、そんなに晴れやかな気持ちになれない。これならボストンやトロントと戦った方がよかったような気もする。

nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

蓼科山(日本百名山30座登頂) [日本百名山]

京都に職場があり、自宅が東京にある。普通は新幹線で移動しているのだが、荷物が多い時は自動車で移動している。ただ、東京から京都は一挙に行くのはちょっと辛い。ということで、中間で宿泊して帰ることが多い。どうせ宿泊するなら、ちょっと寄りたいところで泊まりたい。ということで、東京—京都間にある百名山にちょっと寄り道して登ろうということを考え、最初に選んだのが蓼科山である。ここで蓼科山にしたのは、楽に登れるだろうと考えたからである。というのも、私がバイブルのように参考にしている「大人の遠足ブック、日本百名山 山あるきガイド」では、蓼科山は体力☆、技術☆☆の評価が為されている(☆は5段階評価)。ちなみに筑波山でも体力☆☆、技術☆☆である。筑波山はそれほど大変ではない。ということで、蓼科山なら軽く登れるだろうと考えたからである。ただ、その考えには一抹の不安があった。というのも、私は高校一年生の時、高校の林間授業の一環で蓼科山に登ったことがあるのだが、結構、きついという記憶があったからである。ただ、高校生の時は柔だったのだろうと勝手に解釈して、行くことにした。

前日に諏訪インターチェンジのそばにあるホテルに泊まった。7時には宿を出る。目の前にマクドナルドがあるので、私的には非常に珍しいことなのだが、マクドナルドで食事を取ることにした。これは、山を登るためにはカロリーがたくさん必要であるからだ。さらに、昼ご飯と水を途中のコンビニで確保し、蓼科山の7合目まで車で行く。意外と諏訪インターチェンジからは遠くて、7合目に着いたのは8時頃であった。7合目で既に1906メートルの高さを稼いでいる。空気が薄い。私は高山病になりやすい質なので、これも注意しながら登ることになる。ちなみに天気は、素晴らしい快晴で、まさに登山日和であった。準備をして出発したのは8時10分。蓼科神社の鳥居を抜けて、登山は始まる。カラマツの平坦な道を歩いて行くと、途中からオオシラビソの林になる。朝の光にオオシラビソの緑が反射しているのが美しい。徐々に登山道は傾斜を増し、道路沿いの苔が美しい。標高は高いが、雨量が多い日本の山の美しいランドスケープを堪能しつつ、登っていく。ほぼ1時間後の9時16分に蓼科山荘のある将軍平に到着する。ここからは、まさに登山というよりかは岩登りという感じで、大きな石を両手で使って登っていくような感じで、結構、厳しい。鎖場もある。空気が薄いこともあり、息が上がる。この厳しさは高校時代の記憶と一致する。筑波山より体力が簡単という「大人の遠足ブック」の評価は間違っているだろう、と太ももの筋肉が悲鳴を上げている。技術も明らかに筑波山よりは☆が一つは多く評価されるべきだと思う。私はこういうレキを登っていくのが好きではないので、あまり楽しい気分になれないが、徐々に高度を増すと周りの素晴らしい光景が広がっていくので、それが疲れを吹っ飛ばせてくれる。

さて、山頂ヒュッテに到着したのは9時53分。その後は、露岩の中を山頂まで足下を注意しながら歩いて行く。山頂は岩だらけで、食事をするための空間も確保しにくい。蓼科山は離れた距離から見た目は女性的だが、近くに来るとぎざぎざの岩の上で、少なくともピクニックをする場所としては不適切だ。私は高校一年の時、蓼科山に登って、あまり登山が楽しいと思わなかったのだが、これは、この蓼科山の山頂に対していいイメージを持たなかったからかもしれない。その後、大学のワンダーフォーゲルの講義で妙高山を登った時には楽しいな、と思ったりしたので、初級者に蓼科山に登らすのはあまり得策ではないかと思ったりもした。

とはいえ、標高2530メートルからの360度の展望は素晴らしいの一言に尽きる。八ヶ岳の雄姿、さらには南アルプス、乗鞍岳、北アルプスと日本の素晴らしい山々を一望することができる。これは蓼科山登山の魅力であろう。おにぎりを二つ食べて、10時10分頃には下山を始める。蓼科ヒュッテから蓼科山荘までは、急登を降りて行かなくてはならない。注意深く、岩にとりつきながら降りていく。鎖場は登りでは鎖を使わなかったが、下りでは非常に役に立った。岩は尖っているので足下は不安定。私は、ちょっと捻ったりもしてしまった。捻挫はしなかったが、しっかりと足首をサポートするようにしておけばよかったと後悔する。10時45分には蓼科山荘に着く。ここでは挽き立ての珈琲が飲めるということで、ちょっと休憩をして珈琲を飲む。値段は500円。しっかりと豆を挽いてから、珈琲を淹れてくれるのでなかなか美味しい。蓼科山荘、蓼科山頂ヒュッテと珈琲、食事が提供されるので、蓼科登山にはガスを持って行く必要はないな、と思う。とはいえ、この岩だらけの登山は、もう一度行きたいとはあまり思わせない。10時55分には山荘を出て、下っていく。行きには寄らなかった天狗の露地に寄る。ここも岩がごろごろしていて足下に留意しなくてはならない。ここからは、蓼科山の雄姿を観ることができる。急坂を下りるには、膝が痛い。というので、ジグザグで降りていく。再び7合目の鳥居をくぐったのは11時55分、正午のちょっと前であった。

正直、蓼科山もなかなか厳しい登山であった。「楽に登れる百名山なし」とは、私が自分を慰めるためにつくった言葉であるが、まさにそれを実感させられた蓼科山登山であった。帰りは、蓼科山荘の主人が勧めてくれた白樺湖沿いにあるすずらん湯に寄る。このすずらん湯はよかった。そして、東京の自宅には16時ちょっと過ぎに着いた。蓼科山登山は厳しかったが、天候がよかったこともあり、そういう点ではいい一日を送ることができた。

2F6A3254.jpg
(登山の始めは平坦な林の中を歩いて行く)

2F6A3259.jpg
(45分ぐらい歩いたところで振り返ると、素晴らしい蓼科の光景が広がる)

2F6A3262.jpg
(蓼科山荘を後にすると、登り坂はさらに厳しくなる)

2F6A3264.jpg
(鎖場まで現れる)

2F6A3265.jpg
(登り坂を振り返ると、将軍平から随分と標高を稼いでいるのを知る)

2F6A3267.jpg
(蓼科山頂ヒュッテの直前までは、岩を抱きながら登っていくような感じになる。全然、簡単な山ではないような気がする)

2F6A3269.jpg
(蓼科山頂ヒュッテ)

2F6A3270.jpg
(野草が美しい)

2F6A3275.jpg
(蓼科山頂)

2F6A3277.jpg
(蓼科山頂は大きな岩がごろごろと転がっている)

2F6A3288.jpg
(登りが厳しいということは、下りも厳しいということです)

2F6A3292.jpg
(帰りは蓼科山荘で珈琲をいただきました)

2F6A3294.jpg
(標高が高いこともあって、露に濡れる植物が美しい)

2F6A3300.jpg
(天狗の露地からは蓼科山が展望できる)
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感