So-net無料ブログ作成

下町ロケット [映画批評]

ニューヨークから羽田に向かう機内で『下町ロケット』を一気に観る。映画『7つの会議』よりも遙かに面白い。私は結構、同じ池井戸潤の『半沢直樹』は好きだったが、『下町ロケット』はさらに楽しめた。一気に観てしまったのも、このドラマが、その世界に私を引き込むだけの魅力を有していたからだと思われる。そこには理系のロマンのようなものが溢れていて、本質的には実力主義である。大企業の下請けいじめのような構造もあるが、技術力で突破していく。その痛快さが、爽やかでこう観る者を惹きつけるのではないだろうか。あと、生き馬の目を抜くようなビジネスの社会において、情に弱い佃社長の、こう浪花節的なところもよい。しっかりと真っ直ぐに仕事をしよう、というような気にさせてくれる。


下町ロケット -ゴースト-/-ヤタガラス- 完全版 Blu-ray BOX

下町ロケット -ゴースト-/-ヤタガラス- 完全版 Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray





下町ロケット -ゴースト-/-ヤタガラス- 完全版 DVD-BOX

下町ロケット -ゴースト-/-ヤタガラス- 完全版 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD



nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感