So-net無料ブログ作成

山形の人はやはりラーメンをよく食べるようだ [地域興し]

日本人が外食でラーメンを食べるのは年平均で5.1回。ラーメン好きにはちょっと少ないかなと思う数字だが、これは赤ちゃんからおじいさんまで含めての数字だ。都道府県でこの数字をみると、もっとも多いのは山形県である。山形県の人は11.4杯、外食で平均食べるそうである。日本人平均の2倍である。これは、山形県ではお客さんが来るとラーメンを店屋物で頼むという習慣があるからだそうだ。
 さて、そういうこともあって山形県鶴岡市を訪れ、こちらの大学院生と話をする機会があったので、「ラーメンってよく食べますか」と尋ねてみたら、「食べる、食べる」との回答。二人に聞いたのだが、二人とも週に3回は食べる、とのこと。これはもちろん外食以外を含めての数字だが、相当のラーメン消費量である。
 また、「店屋物だとラーメン延びて美味しくないじゃないですか」と聞くと、慣れているから平気、とのこと。というか、店屋物のラーメンが普通だと思っていたので、この店屋物を頼んでいたラーメン屋に行って食べた時の味の違いにショックを受けたそうだ。
 いろいろと驚く私に、でも鶴岡はそれほどラーメンは食べない。山形(市)はもっと食べるとのこと。今年の冬にラーメンまちづくり課のある南陽市を訪れて、山形県民のラーメン愛についていろいろと役所サイドからは聞かされたが、実際の県民に聞いて、確かに山形県民のラーメンへの愛情は半端ないことを知る。
 

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感